水素水について

医学界や美容業界で話題の、水素水による安全・確実な抗酸化作用

人間が食物や酸素から活動エネルギーを生み出し、活動する際に約2%の活性酸素が発生します。その活性酸素のひとつ「ヒドロキシラジカル(・O2)」は体内の細胞を攻撃し、酸化させてしまいます。あらゆる病気の90%がこの「活性酸素」が原因であるという説もあります。
実は体内には抗酸化酵素があり体内で増えすぎた活性酸素を抑制してくれる働きがあります。しかしこの抗酸化酸素も20歳をピークに減少し、40代になるとその生成数は半分以下になると言われています。
そこで注目されたのが抗酸化作用のある水素水。研究結果にもある通り、水素水は増えすぎた活性酸素と水素を結合させ、悪玉活性酸素を身体に無害な水に変化させる性質があります。つまり、水素水を毎日摂取する飲料水の代わりを摂取することで、日常的に悪玉活性酸素を除去することができるのです。

活性酸素の働きにより期待できるさまざまな症状改善例

血液サラサラ

活性酸素によって、赤血球が密集し重なりあってしまい、形さえもいびつになってしまうほど酸化した血液状態の人へ水素を摂取してもらったところ40分後には赤血球がきれいな円状に戻り活性酸素が無害化された状態になった

発がん抑制

ポテトチップスのような高音調理したデンプンに含まれるアクリルアミドは、発がんを誘発する可能性のあるDNA損傷作用があるといわれていますが、水素はこのDNA損傷作用を抑制する効果があることが明らかになりました。

筋肉中の酸素ストレスの消去

激しい運動等による酸素ストレスを水素によって消去することができる。
また、筋膜剥離を早期に促す効果もあり、ストレッチ・マッサージの効果を促進する効果が期待される。

関節リウマチの細胞増殖抑制

関節リウマチの関節病変は、関節の滑膜細胞の異常増殖によりますが、増殖させた滑膜細胞に対して水素を加えると細胞増殖抑制がみられたという結果が得られました。

その他の効果

仕事のストレスや運動時の疲労に

身体がストレスを感じると、体内にストレスホルモンと呼ばれる物質が分泌されます。ストレスホルモンの一種であるコルチゾールが発生すると活性酸素も生成されると言われています。また、健康にいいはずの運動も無理をしすぎると必要以上にたくさんの酸素を取り込み、その一部が活性酸素に変わってしまうと言われていますので、体内の活性酸素を抑える働きのある水素水で疲れた身体を日常的にケアすることができます。

ダイエットやエイジングケアに

水素水には脂肪代謝を促進し、ダイエット効果がと言われています。ダイエット期間中の食事制限や運動のストレスで増えた活性酸素も抑える効果があるので、ダイエット期間中に肌が荒れてしまうことや、身体の調子を崩す心配もなく理想の体型を目指せます。
また、シミ、しわ、くすみの原因とされるメラニン色素は活性酸素の副産物です。紫外線を浴びると、肌を守るために活性酸素がチロシナーゼという酵素を活性化させるからです。水素水の活性酸素を抑える効果で、老化の原因となるダメージを少しづつ軽減することができると言われています。

赤ちゃんやお子様、大切なペットに

身体の不調の原因となる活性酸素を抑える水素水は赤ちゃんやお子様だけでなく、妊娠中や授乳期間中のお母さんの健康維持にも効果があります。
また、ペットの健康維持に大きく関わっているのが毎日の飲み水です。人間の健康にはいいと言われるミネラルウォーターも、ペットには逆に負担になってしまうということもあるからです。
ペットが人間よりも寿命が短い原因は、体内に活性酸素を抑える抗酸化物質が少ないためだと言われています。毎日の飲み水を水素水に変えてあげるだけで、ペットの体内の活性酸素を抑え病気を未然に防げる可能性があります。
観葉植物やお花の水やりにも水素水を使う事で、根から吸収された水素水が葉や花弁のずみずみまで行き渡り、枯れかけた植物も元気になります。